パソコンを使用している男性たち
  • ホーム
  • 重複コンテンツには気を付けよう

重複コンテンツには気を付けよう

自社のホームページはもちろんですが、サテライトサイトを作成するときにも重複にはチェックが必要です。サテライトサイトの場合は、SEO効果を期待して同じような内容になってしまうことも多いため、必ず差別化を図ることを忘れないことです。

重複コンテンツの悪い点は、内容が重複している記事などを何度も更新してしまうことです。基本的に、検索エンジンは重複コンテンツを低く評価しますので同様の手段をサテライトサイトで多用していると、ペナルティの対象となる可能性もあります。

検索エンジンは、コンテンツの情報に更新頻度と新しい情報の2つを求めています。例えば、普通に記事を更新すると検索エンジンはその情報がどのようなものであるのかということを巡回ロボットを利用して確認します。新しい情報を求めていますので、確認した情報が重複しているとスパムと評価する可能性もあります。

特に注意が必要なのが、被リンク元のコンテンツです。被リンクは、良質なコンテンツである場合には効果が高いのですが、中身がないと通常の時よりも早い段階でペナルティと判断されてしまう可能性もあります。ですから、被リンクを獲得している場合には必ず内容をチェックして同じようなコンテンツが存在しないかの注意が必要です。

簡単な対策としては、被リンクを管理するためのツールを利用することが大切です。元々、重複コンテンツは大量に被リンクを獲得する悪質なユーザーへの制裁処置として存在している傾向があります。そのため、被リンクへの対処として管理ツールを導入しておけばリンク切れを含めてペナルティ対策を効率的に実行できます。

また、同じ理由でミラーを作る時も気を付けなくてはいけません。自社コンテンツをより多くのユーザーに見てもらいたいと考えている場合には、全く同じサイトであるいわゆるミラーサイトを作ることもあります。

しかし、ミラーサイトはSEOとしての効果が非常に悪くなってしまう典型的なものです。もちろん、特定のプログラムなどをダウンロードする手段としてミラーサイトを準備してユーザーを誘致している企業は確かに存在します。この場合には、対処法として検索エンジン側に評価を渡さない対策をとっていることがほとんどです。ですから、誤解をしないように正しい対処法をとらなくてはいけません。

本来、記事を更新するとその情報は検索エンジンに通知されます。ところが、特殊なタグを利用するとその通知を拒否することができるためクローラの巡回を防ぐことができます。そのため、重複コンテンツやミラーサイトをどうしても使いたいときにはこうした対処法を利用することが大切です。

人気記事一覧