パソコンを使用している男性たち
  • ホーム
  • 被リンクとはどんなものなのか?

被リンクとはどんなものなのか?

パソコンを見ている男性

被リンクは、特定のページに対して外部から一方通行的にアクセスができる形になっている状態のことを指します。例えば、似たようなリンクの形としてはURLを交換する相互リンクというものが存在します。相互リンクは、自分のサイトと相手のサイトの情報を交換することで、お互いが獲得している既存ユーザーの誘致を容易にできるというメリットがあります。

しかし、こういった手法は実はSEOにそれほど大きな影響を与えないという側面が存在します。検索順位を引き上げる効果が小さいので、相互リンクを形成したとしてもお互いのユーザー同士を交換することができるだけで、検索エンジンからユーザーを呼び込めるようになるわけではありません。つまり、検索結果そのものに影響を与えない仕様であるといえます。

一方で、被リンクのように特定のページに対して一方的にユーザーがやってくる仕組みになっている場合には、検索順位に大きな変動をもたらす可能性があります。SEOとしての効果を生み出すことができるため、新規ユーザーの獲得に役に立ちます。

ただし、被リンクを獲得するときには条件があります。まず、リンク元になっているサイトのコンテンツやドメインそのものに信用性があることです。特にドメインに関しては非常に重要です。仮にリンク元のドメインが既にペナルティの対象となっているような場合には、評価を逆に下げられてしまう可能性も否定できません。

被リンクが評価されるのは、一方通行的にユーザーを集まる仕様になっているサイトには、それだけ良質なコンテンツが存在すると認識されるからです。リンク元の情報が怪しいと、こういった信用性に揺らぎが生じてしまいます。そのため、リンク元のコンテンツやドメインは必ず確認しておくことが重要です。

そして、過度な内部リンクになってしまっていないかも大切です。被リンクは、形としては当該ページへの外部からのアクセスによって成り立っていますので、実は同一サイトの内部リンクを利用して疑似的な被リンクを形成することも可能です。

ただ、こういった内部リンクは同一IPからのアクセスになってしまうわけですから、SEOとしての効果は薄いといえます。検索結果に影響を与えるくらいのSEO効果を期待する場合には、同一IPではない外部からの新しいアクセスが重要になります。ですから、必要以上に自作自演に見えてしまうような内部リンクの形成は避けた方が無難です。

人気記事一覧