パソコンを使用している男性たち

サーバーを準備しよう

サーバーは、サイトの表示に必要なデータを管理するために必要になります。契約をしてレンタルで利用するか独自で購入するかのどちらかが基本です。ただし、特に本格的に商業ベースでサイトを構築したいと考えているときには、無料や格安のレンタルの契約ではなく独自のサーバーを準備する方が賢明です。確かに、料金が安く契約も容易であるため準備がしやすいというメリットはあります。一方で、セキュリティ性やサイトの安定性などでマイナスになる面を否定できません。

そもそも、サーバーはWeb上で表示できるデータを保存するための巨大なコンピュータです。サイト上に画像や動画などをアップロードできるのも、サーバーで情報が管理されているからにほかなりません。大規模な容量を保存することができますので、不特定多数のユーザーが利用したとしてもそのデータを管理できるだけの魅力があります。

しかし、1つのサーバーに色々なユーザーの情報が保存されると多くのデメリットが生じてしまいます。例えば、長期的に使い続けることを考えると、ユーザーの利用の観点からデータの送受信の速度が遅くなってしまうという難点があります。

1つのサーバーに保存されるデータ容量には限界が存在しますので、1度に大量のデータの送受信が行われるとそこに遅延が生まれます。自社だけでサービスを使っているのならば問題はありませんが、多くのユーザーが同時間帯に一気に負荷をかけると、コンピュータが不安定になって動作に異常が生じることになります。

例えば、特定のサイトの中には情報を表示する際に異常に表示速度が遅いものが存在します。これは、実はサーバーからの応答が遅くなっているからです。安定性の存在しない脆弱なサービスは、データの遅延を招くことになりますのでサイトの閲覧でかなりのストレスになってしまいます。そのため、こういったことにならないようにするためにもレンタルではなく独自で準備をしたほうがメリットがあります。

また、セキュリティ面に関しても大きな魅力が存在します。独自のサーバーは、あくまでも自社で管理することになりますので外部からの攻撃を受けた場合に実は対処が容易です。自社内にサーバーが存在するときには、外部サービスを経由しているわけではありませんのでコンピュータの管理を行いやすいという利点が生まれます。ですから、料金面に関しては高くなってしまいますが、セキュリティ面を考慮しても独自性の高いサービスは利用価値が高いといえます。

人気記事一覧