パソコンを使用している男性たち
  • ホーム
  • コンテンツSEOに特化した記事とはどんなものか?

コンテンツSEOに特化した記事とはどんなものか?

SEOに特化した記事を書く場合には、キーワードの選定や他サイトとの競合調査を実施する必要があります。特に、キーワードに関しては競合調査を行って大手のサイトと同様のものを選択しないように気を付けなくてはいけません。こういったSEOを意識した記事などは、一般的にコンテンツSEOと呼ばれます。

コンテンツSEOは、第一に検索順位で上位表示されることを目的としています。例えば、大手の情報サイトを確認しても、特定のキーワードを打ち込んだ場合にはトップページではなく該当キーワードの情報ページのみが上位表示されます。これは、各々のページにランクが存在しているからに他なりません。

検索エンジンは、サイトごとの評価とは別にページごとのランクを付けており、その評価は内部に存在しているコンテンツの内容によって決められています。つまり、一部のページであっても良質なコンテンツが存在するときには、トップページの評価とは関係なく上位表示を実現することができるようになります。

これは、中小企業や個人のユーザーが大手の企業やサイトに勝つための非常に有力な手段として重宝されています。コンテンツSEOにとっての良質なコンテンツは、ただ単純に情報量が多いページであることを意味しません。良質であることに加えて、競合性のないキーワードを使っていることが大きなポイントになります。

例えば、検索エンジンを利用しているユーザーが検索エンジンにキーワードを打ち込むとき、そこには様々なパターンが想定できます。SEOと単純にキーワードを打ち込んだときには、確かにSEOに関連している情報サイトが数多く表示されます。こういった、いわゆる単体の重要な用語は大手のサイトによって使われやすいのでビッグキーワードなどと呼ばれます。これらの用語は非常に競合性が高いため、大手のサイトと戦いながら上位表示を目指さなくてはいけません。

しかし、SEOと一緒に被リンクという言葉を付け加えた時、検索エンジンで上位表示されるサイトは大きく異なります。これは、SEO単体のキーワードよりも被リンクと合わせたもののほうが競合性が低いからです。競合性が低いもの、つまりユーザーが検索しているのに注目をされていないキーワードに関しては、大手のサイトが独占していないケースが目立ちます。こういったものに狙いをつけて、良質なコンテンツを作っていけば非常に大きなSEO効果を発揮できます。

人気記事一覧