パソコンを使用している男性たち
  • ホーム
  • まずはドメインを用意しよう

まずはドメインを用意しよう

パソコンを持っている男性

ワードプレスなどを使って独自にサイトを構築していくときには、必ずドメインが必要になります。ドメインは、Webで認識される住所のような役割を持っています。例えば、Webには様々なサイトが存在していますので、自由に空間を使っているように見えてしまいます。

しかし、こういったWeb上の空間は現実世界と同じで、誰でも自由に敷居を決めて良いわけではありません。1人のユーザー当たりが使える空間が決められており、それを識別するための信号としてドメインというものが利用されています。つまり、ドメインが存在しないとWeb上で自分のサイトを構築していくことができなくなります。

そして、このドメインは大きく分けると2つの種類に分類することが可能です。まず、大手の企業が無料で提供している汎用型のドメインです。大手のIT企業の中には、無料サービスとしてブログなどを初心者でも簡単に作れるように提供しているところがあります。実は、こうやって簡単にブログなどを作ることができるのも、本来ならば用意しなくてはならないドメインを企業側が準備してくれているからです。

こうした汎用型のドメインは、同じようにデータを保存する汎用型のサーバーによって管理されています。簡単にブログなどを作ることができる一方で、サイト内部に企業の広告が付くなど、設定上で様々な制限が付いてしまうのが難点です。

反対に、このような不特定多数の人が利用するようなドメインではなく、自分だけの住所を指定して自由にサイトを作っていけるのが独自ドメインです。独自ドメインは、新規で取得する場合には自分で好きな文字列を指定して購入することができます。例えば、SEOに関連したサイトを作りたいと考えている際には、独自ドメインのURL内にSEOに関連したキーワードを組み込んでいけます。これは、独自ドメインだけのメリットです。

また、独自ドメインは様々な媒体で利用できるという大きな利点もあります。新規獲得した独自ドメインの場合は、サーバーも自分で準備をしてそのサーバーでサイトを構築できるように設定をしなくてはいけません。しかし、そこで構築される情報は自分だけのものになりますので、汎用性のあるサービスと異なって自由に利用できるというメリットが生まれます。

実際に独自ドメインを取得して安いサーバーを利用すれば、ワードプレスなどを使って誰でもすぐに独自のサイトを作っていけます。広告などが自動で付くこともありませんので、副業や商業用のサービスとしてとても使いやすいです。

人気記事一覧