パソコンを使用している男性たち
お知らせ
パソコンとスマホとペン

SEOで効果を出す最善の手段として、サテライトサイトを利用した被リンクが挙げられます。サテライトサイトは、主として運営しているホームページやブログに対して、より多くのユーザーを集めるようにと考えられたサイトです。文字通り、衛星のように多く点在させて、効率的に商品やサービスを案内しているサイトへと誘導するように作ることが基本です。

一方で、こういったサテライトサイトは検索エンジン最適化、つまりSEOにも非常に大きな効果を発揮するということもわかっています。サテライトサイトの魅力は、ブログなどの個人的なサイトであっても作成することができる点です。Webに関連する知識とドメインさえ存在すれば、テンプレートを利用して大量に作成していくことも可能です。ドメインは独自ドメインが理想ですが、小さな効果でも良いのであれば汎用的なドメインでも構いません。

具体的にSEOとして利用するときには、被リンクを利用することが一般的です。ただ、実際にSEO対策として利用するためにはいくつかの注意点を覚えておく必要があります。まず、良質なコンテンツを前提としなくてはならないことです。

良質なコンテンツとは、通常のサイトと同様に情報量が豊富なコンテンツを意味します。検索エンジンは、ただSEOを目的とした情報量の少ないコンテンツを嫌う性質があります。ですから、こういったコンテンツを使って被リンクを獲得すると、逆に評価を落とされてしまう可能性も存在します。

Web上には、自身が運営しているホームページをより良く見せるために、被リンクを利用したスパムに近いSEO対策を実行しているユーザーもいます。こういったユーザーへの対策としてコンテンツ、特に記事への情報量を検索エンジンは大切にしています。

そして、被リンク対策を前提に考えることも大切です。被リンク対策は、基本的に同一のIPを利用していないかといった基本的な部分が求められます。検索エンジンは、コンテンツや記事の情報量とは別にして、自作自演による被リンクの獲得を最も嫌います。自作自演に対する検索エンジンの評価は、検索アルゴリズムの評価の中でも最低ランクに位置します。そのため、下手をすれば一気に順位を引き下げられてしまうこともあります。

効果的なサテライトサイトの作成を考慮するのならば、必ずこの2つの考え方を理解しておくことです。情報量が多くて、自作自演ではない質の良いサテライトサイトが最も好まれます。

人気記事一覧